指輪に使われる金属 18K、プラチナ

婚約指輪・結婚指輪で使われる金属は基本的には「プラチナ」と「ゴールド」。

K18編プラチナ編

K18(18金)

ダイヤモンド

「K18」は「金・ゴールド」の中でも「純度75%」の金です。
婚約指輪・結婚指輪等のゴールドジュエリーはK18が一般的です。
ゴールドの色は大きく分けて、イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドがあります。

イエローゴールド

「ゴールド」ときいて、思い浮かべるのがこの色だと思います。

イエローゴールド
≪同じデザインの結婚指輪:上は、プラチナで、小指側にダイヤ3石、下のリングはK18イエローゴールドで中指側に艶消しをいれた、結婚指輪≫

ゴールドというと、変色を心配する方が多いのですが、、、
ずっと身に着けていれば、変色することはほとんどありません。
ただ、長い間身に着けず放置すると、イエローゴールド・ピンクゴールドなどは赤みがかったりすることがあります。
もっとも、SINDBAD(シンドバット)の製品でしたら、電解のサービスがありますので、その赤みをとることができます。

ピンクゴールド

純度75%の残りの25%の銅の分量がイエローゴールドより多く、赤みがかかった金が「ピンクゴールド」です。
「ばねがある」という金属の特性上、サイズ直しは他の金属より難しく「±1」くらいまでです。

≪センター部分がプラチナ、それ以外に部分がK18ピンクゴールドの結婚指輪≫
ダイヤモンド

ホワイトゴールド

純度75%の残りの25%に、パラジウムなどを混ぜて白くしたものが「ホワイトゴールド」です。

ホワイトゴールド K18WG

見た目はプラチナとほとんど変わりません。
SINDBAD(シンドバット)にいらっしゃるお客様に、両方並べて見ていただくと、「わからないです、、、でも、よく見るとこっち(K18WG)が暗い、、、かな。」という方が、ほとんど。

ホワイトゴールド
≪左の結婚指輪がK18ホワイトゴールド、右のダイヤ付きの結婚指輪がプラチナ≫

写真で見るとこれくらい違いますが、直接目で見るともっとわかりづらいと思います。

どうしてプラチナではなくて、ホワイトゴールドでオーダー?

SINDBAD(シンドバット)は基本的にオーダーメイド(セミオーダー)なので、ほとんどの場合、同じデザインでも「プラチナではなくホワイトゴールド」でオーダーすることもできます。

ホワイトゴールドが選ばれる理由としては「価格」と「色」がほとんどです。

価格

K18には純金が75%、pt900(プラチナ)には純プラチナが90%含まれており、純度が違います。
そのためK18はプラチナに比べて安価で、プラチナではなくK18ホワイトゴールドが選ばれることがあります。

ホワイトゴールドはプラチナと比べて、やや暗めの色です。
この色を好む方もいらっしゃいます。

どちらがいいの?

「プラチナとホワイトゴールドどちらがいいのか?」
プラチナは、金属の特性上粘り気がある金属なので、強い力が加わると、まれに変形してしまいます。
逆に言うと、プラチナはきれいに元に戻すことができるのです。
(詳しくはプラチナ編)

ホワイトゴールドは固いので、変形はほとんどありません。
ただ強い力が加わると、割れてしまうことがごくまれにあります。
もっとも、プラチナの変形よりも何倍も「まれ」です。

その他のゴールド(注意!)

K18は75%の純度のゴールドですが、その純度を下げたK10(純度約41.6%)などの金属があります。
ファッションジュエリーなどで、使われることが多い金属です。
純度が低い分、K10はK18より価格が低いです。

K10ゴールドのサイズ直しは、難しい場合が多いです。
少なくともSINDBADでは、承れません。
そのK10ゴールドの結婚指輪が、最近では結婚指輪として販売されていることがあります。
後で後悔しないように、ゴールドの婚約指輪・結婚指輪を購入する際はデザインだけではなく、しっかりと純度も確認してください。

プラチナ

プラチナ

プラチナジュエリーは通常「pt900」という「純度90%」のプラチナです。
多くの場合残りの10%は強化材が入っています。

SINDBAD(シンドバット)ではオプションで純度を上げた「pt950」「pt999」などでもオーダーできます。
ただ、その分強度が下がってしまうので、積極的にはおすすめしていません。
主に、金属アレルギーのかた向けです。

(プラチナのチェーンはpt850が一般的です。)

プラチナは金属なのでもちろん固いのですが、「粘り気」のある金属です。
そのため、変形してしまうことがあります。
例えば、「プラチナリングをはめたまま重いものを持つ」などした場合です。
それでも、ほとんどの場合きれいに戻すことができます。
これが、プラチナが長く使うジュエリーに適している理由の一つです。

プラチナ

!注意点!

最近では純度を下げた「pt525」や「pt100」なども出ています。
こちらはその名の通り、プラチナの純度が「52%」や「10%」(!)の金属です。
日本ジュエリー協会では「プラチナジュエリーとは、プラチナ85%以上の品位の合金を用いた製品を言う。」としています。
日本ジュエリー協会より ジュエリー及び貴金属製品の素材等の表示規定

つまり、「pt525」や「pt100」はプラチナにあらず、ということです。

婚約指輪・結婚指輪は長く使うものです。
購入する際は、金属の純度などにも注意して探してみてください!

menu

ピンクダイヤモンド
鑑定書、鑑別書、保証書
ダイヤモンドの4C
プラチナと18金